第13回伏見泌尿器科連携の会

特別講演に天理医療大学 学長 吉田 修先生をお招きすることになりました。

テーマ:「わたしの”サミング・アップ”から」

吉田 修先生

  • 京都大学名誉教授
  • 前 奈良県立医科大学学長
  • 前 京都大学医学部泌尿器科教授(38歳~)

受賞歴

  • 1985年 高松宮妃癌研究基金学術賞
  • 1997年 紫綬褒章
  • 2011年 瑞宝中綬章

たいへんご高名で医療全般(医療 看護等)に造詣が深い先生です。(詳しくはWikipedia参照ください)

今回 身近で先生のお話を拝聴できますことはたいへん幸運と考えます。

是非 皆様お誘いのうえ多数御参集お願い申し上げます。

*会終了後情報交換会も準備しています。

第13回伏見泌尿器科連携の会 PDF

平成30年度 京都泌尿器科医会講習会

「研修医のための泌尿器救急疾患に対する対応」

日時:平成30年9月15日(土) 17:00~19:10
場所:ANAクラウン プラザホテル京都
参加対象:会員および1・2年目研修医(参加費:無料)
(非会員・一般医家も歓迎)

京都市中京区堀川通二条城前
Tel:075-231-1155

【学術講演】16:50~17:00

あすか製薬株式会社 学術情報担当 中村 淳史

【会長挨拶】17:00~17:05

京都泌尿器科医会 会長 北村 浩二

【一般講演】17:05~19:05

1講演:発表20分、質疑応答10分

講演1:「肉眼的血尿」

京都桂病院 泌尿器科 中野 翔平 先生

講演2:「無尿」

洛和会音羽病院 泌尿器科 福井 智洋 先生

講演3:「頻尿」

京都中部総合医療センター 泌尿器科 横田 智弘 先生

講演4:「疝痛発作」

岡本記念病院 泌尿器科 辻本 雅史 先生

【総括】19:05~19:10

医仁会武田総合病院 尿路結石治療センタ-   東 義人 先生


*講演会終了後、情報交換会をご用意しております。

共催:京都泌尿器科医会 あすか製薬株式会社

平成30年度第29回京都泌尿器科医会総会報告

日時:平成30年5月26日(土)
場所:ANAクラウンプラザホテル京都
共催:京都泌尿器科医会、あすか製薬(株)


Ⅰ.総会:議長 兼光紀幸先生(洛和会丸太町病院)

第1号議案

平成30年度会長及び幹事の選任
会長に北村浩二、監事に池田達夫先生及び大江宏先生を選任。

第2号議案 会則の改訂

民法改正に伴い、京都泌尿器科医会会則第3章第16条及び第4章第21条(3)を改訂することを承認。

第3号議案

平成29年度事業報告、平成30年度事業計画につき承認を求める件
平成29年度の活動内容を報告及び平成30年度の事業計画として平成30年9月15日(土)に講習会「研修医にも役に立つ泌尿器救急疾患に対する対応」を開催することやホームページの充実などを承認。

第4号議案

平成29年度収支決算ならびに監事報告、平成30年度予算案につき承認を求める件
平成29年度収支決算及び平成30年度予算案を承認。

Ⅱ.学術情報

「CRPCにおけるエチニルエストラジオール製剤の作用」
あすか製薬(株)京都支店 学術担当 中村淳史様

Ⅲ.一般講演:座長 青木正先生

  • 「集学的治療を必要としたフルニエ壊疽の一例」
    西陣病院 乾 将吾先生
  • 「施行困難と思われる腎尿路奇形、尿路変更後のTUL症例の検討」
    医仁会武田総合病院 渕上靖史先生

Ⅳ.診療報酬に関するQ&A

済生会京都府病院 北村浩二先生

Ⅴ.特別講演:座長 北村浩二

「日本泌尿器科学会総会を終えて-私がみてきた京大泌尿器科学教室の歩みと今後の展望-」
京都大学医学研究科 泌尿器科学教室 教授 小川 修先生

第23回 内科-泌尿器科病診連携の会

藤ノ森カンファレンス ~地域医療の向上を目指して~

日時:平成30年6月9日(土)PM5:30~7:30
場所:キャンパスプラザ京都  2階ホール


【製品紹介】:(17:30~17:40)

「選択的β3アドレナリン受容体作動性過活動膀胱治療剤 ベタニス錠について」

テ-マ 「 夜間頻尿を科学する 」

【講演 Ⅰ】:(17:40~17:50)

「京都医療センター排尿障害連携パス(第5版改訂)について」

演者:京都医療センター 診療部長 泌尿器科科長 奥野 博 先生

【講演 Ⅱ】:(17:50~18:15)

座長 古家医院 院長 古家 敬三  先生

「実地医家のための夜間頻尿の診かた」

演者:京都大学医学研究科泌尿器科学教室 京都医療センター 夜間頻尿外来担当 河野 仁 先生

【講演 Ⅲ】:(18:15~18:40)

座長 沢井内科 院長 澤井 公和 先生

「実地医家のための夜間頻尿の治療」

演者:伊東泌尿器医院院長 京都医療センター 夜間頻尿外来担当 伊東 晴喜 先生

【特別講演】:(18:40~19:30)

座長 京都泌尿器科医会会長 済生会京都府病院前立腺センター長 北村 浩二 先生

『体内時計の発見でノ-ベル賞:夜間頻尿にも関連!?』

演者:せんぎく腎泌尿器科クリニック 院長 千菊 敦士 先生

共催:藤ノ森カンファレンス アステラス製薬株式会社

後援:京都泌尿器科医会

第7回北京都UROLOGYフォーラム

日時:平成30年9月18日(火)19:00~
場所:京 綾部ホテル


プログラム

Ⅰ.製品紹介:(19:00~17:15)

Ⅱ.特別講演:(19:15~)

「拡大する腎臓病学 basic science から onconephrology まで」

京都大学医学研究科 腎臓内科学 教授 柳田素子先生

共催:北京都UROLOGYフォーラム キッセイ薬品工業株式会社 京都泌尿器科医会

第29回京都泌尿器科医会総会並びに学術講演会

日時:平成30年5月26日(土)PM5:00~7:30
場所:ANAクラウンプラザホテル京都 2階「醍醐の間」


プログラム

Ⅰ.総会:(17:00~17:30)

Ⅱ.学術情報:(17:30~17:40)

「CRPCにおけるエスチニルエストラジオール製剤の作用」

あすか製薬株式会社 学術情報担当 中村淳史

Ⅲ.一般講演:(17:40~18:10)

「集学的治療を必要としたフルニエ壊疽の一例」

西陣病院 腎臓・泌尿器科 乾将吾先生

「施行困難と思われる腎尿路奇形、尿路変更後のTUL症例の検討」

医仁会武田総合病院 泌尿器科 渕上靖史先生

Ⅳ.診療報酬に関するQ&A:(18:10~18:30)

済生会京都府病院 泌尿器科 北村浩二先生

Ⅴ.特別講演:(18:30~19:30)

「日本泌尿器科学会総会を終えて-私がみてきた京大泌尿器科学教室の歩みと今後の展望-」

京都大学医学研究科 泌尿器科学教室 小川修先生