ごあいさつ

京都泌尿器科医会は、京都で泌尿器科診療に従事する開業医と勤務医が集まり、「会員相互の親睦を深め医学及び医術の研鑽とその向上を図る」ことを目的として1989年に設立されました。

初代会長は古澤太郎先生(1989.6-1994.5)、第2代六車勇二先生(1994.6-1999.5)、第3代福山拓夫先生(1999.6-2003.5)、第4代大江宏先生(2003.6-2006.5)、第5代飛田収一先生(2006.6-2014.5)と継承され、2014年6月から第6代会長として私北村浩二が拝命しております。

年1回の総会・学術集会の他に各種研究会の共催・後援、京都府医師会への委員の派遣などを行ってまいりました。2016年からは研修医や一般医家の先生方を対象に、「研修医にも役に立つ泌尿器救急疾患に対する対応」と題して、日常の診療や当直業務の際にすぐに役に立つ講習会を企画・開催しております。

2018年にはこのホームページを立ち上げ、会員への情報提供はもちろんのこと、府民・市民の皆様にもお役に立てていただけるように、泌尿器科専門医の診察を受けていただける各診療所・病院のご案内、市民公開講座や検診に関しての情報提供を掲載しております。また医学生や研修医の先生方にも泌尿器疾患について研鑽を深めていただけるような情報を提供しております。

今後もさらに充実した内容にバージョンアップしてまいりますので、忌憚のないご意見をお聞かせください。今後ともよろしくお願いいたします。

京都泌尿器科医会
会長 北村浩二